カテゴリー別アーカイブ: 転職の準備

転職の事前準備に必要な物とは

転職を考えるのは人生の中で一度や二度くらい誰にでも起こる衝動です。その中でも本当に転職を考え始めたとき、大切なのは事前準備になります。転職活動は世間で言われている通りそう簡単なことではなく、一歩間違うと人生を棒に振ることにも繋がりかねません。そうならない為にも、状況を整理して道筋を立てる事前準備が大変重要となります。なぜ、自分は転職をしようと思ったのかから始まり、次はこの企業で働きたいとなった場合、この二つに関連性を見出すことが大切です。

転職への希望

転職活動をしているとその困難さゆえになぜ転職をしようと思ったのか、なぜこの企業に入社したいと考えたのかというところに疑問符が出てきてしまうことがしばしば見受けられます。常に明確な意思を持ち活動を維持するためにも、この二つの関連性から一貫性を見出すことが必要なのです。そしてこれは忘れずに書き留めておきましょう。一度挫折しても目標が明確ならば、やり直しがスムーズにできるものです。

次に転職の計画を立てていきましょう。求人照会や応募、面接や内定までを出来るだけ半年以内にクリアできるようなスケジュールを目指します。一年などあまり長い期間を設けてしまうとダラダラとしてしまいますので半年前後がベストといえます。大まかな半年間のスケジュールが出来たら、次は一日のスケジュールの組み立てです。現職場に勤務中で忙しい場合、平日の空いた時間に企業探しやリサーチを行い休日には予め履歴書を複数作成しておくと選考時に余裕をもって行動できるでしょう。優良企業からの採用を逃さない為にも、転職準備期間は時間を無駄にすることのないように行動することを心掛けましょう。

そして事前準備には過去の実績の棚卸や自己分析をしておくことも大切です。こちらもまた辿って整理をすることで自分のスキルやアピールポイントが明確になります。これをまとめたものを書き留めておくことで今後の書類記入や面接がスムーズに運ぶことでしょう。転職活動に追われてしまうと焦りや孤独さ等の悶々とした状態が続き、整理や計画といった細かいことに手を付けづらくなることも考えられます。事前準備に必要な事を書き出しておくことで転職活動でのアピール不足を防ぐことができるでしょう。

自分を表現する履歴書の作り方

転職は人生の転機と言われています。何歳であろうと志高い希望を持っている限り、相手側の目を留めるような存在感を示し成功させたいと考えるでしょう。新しい企業への応募を決めた後、企業との初めてのコミュニケーションとなるのが履歴書です。大切なことは履歴書の丁寧さと明確さと言えるでしょう。

履歴書

新卒者採用の人事を担当していた人の話では何十、何百とある履歴書を選考する際に、一目見て乱筆なものは排除するそうです。字はその人の心を表すものです。一世一代の就職活動を字の良し悪しで決めるのかと思う方もいらっしゃるかと思いますが、どんなにクセのある字でも丁寧に書くのと書かないのでは一目見て一目瞭然なのです。見えない相手に対して、字に溢れ出る人となりを評価してもらうために心を込めて一字一句を丁寧に綴っていきましょう。明確さとは志望動機から今までの実績等全てにおいて言えることです。

一番伝えたいことは何か、それが伝わる書き方をすることが大切です。志望動機を記入する欄は小さいですが、明確にそしてコンパクトにまとめるか、相手に自分が業界の魅力を理解していることを伝えられるかを考えましょう。また実績等については数字や統計をまとめることで、より相手側が評価しやすい形になります。次の選考へつなげるために妙な駆け引きはせず、相手の目に留まるものやなるほどと思わせられる形にまとめることが重要といえます。

そして、希望年収や入社時期についてですが、こちらは出来るだけ妥協のない範囲で記入するのがベストといえます。例えば希望年収については低くするか、高くするか賛否両論ではありますが、実績や職種での相場を照らし合わせた額で良いかと思われます。但し、年収を最優先に転職を希望するのであれば、絶対譲れない金額を設定しておかなければ後々トラブルのものになってしまいますので気を付けましょう。

入社時期は出来るだけ迅速に退社、入社の手続きが出来る方がお互いに利益が上がります。最低でも1、2か月以内には可能であることが理想的といえます。履歴書の作成にはこれらの重要ポイントを取り入れてみてください。